2017年1月14日土曜日

フクリンジンチョウゲの赤い蕾に春をおもう♡

2017年の大寒は1月20日。
あと一週間ほどです!

ほんと〜に寒くてブルブル震える朝、
赤い蕾をみるとすこ〜し心が暖まります♡
2017年1月上旬 撮影

















写真はフクリンジンチョウゲ
ジンチョウゲの園芸種で葉のふちに白色の覆輪(ふくりん)が入っています。

3月〜4月に開花すると、とっても良い香りが!

松任谷由実さんの「春よ、来い」が
頭のなかに流れるわ〜♪

香りは好みもあるし、記憶にも結びつくので、
庭には植えたくないという方もいらっしゃいます。

私は大好き!

庭を嗅覚でも楽しめるようにすると、
香り
=思い出のワンシーン(感動や懐かしさ)を取り込めます。

目だけではなく、香りを意識して植えてみるのも
面白いですね!

因みに、
ジンチョウゲは常緑低木
冬も葉をつけています。

誤解のないように言いますと、
常緑=落葉しない、という意味ではありません。

一度にバサッと葉を落とすことがない、というだけ。
常緑樹をみていると、GW頃にハラハラと古い葉を落とし、
新しい葉をだしはじめていますよ〜

身近にはないな。。。という方
3月〜4月頃、通勤や休日の散歩で、
何か花の香りがするな〜と思われたら、
それはジンチョウゲの可能性大です。

いろんなところで私は見つけています^_^
ジンチョウゲ好みの場所が分かって面白い!

ガーデンデザイナー 宮森有子
MIYAMORI-DESIGN.COM


0 件のコメント:

コメントを投稿